トップページ >  女性のニキビの悩み >  妊娠中のニキビ

妊娠中のニキビをケアする化粧品選びのポイントは?

妊娠したら突然ニキビが・・・

これまでニキビができなかったのに、妊娠をきっかけにニキビができるようになったという方は結構いらっしゃいます。これは妊娠によってホルモンバランスが乱れているためで、どうしても避けられない症状です。

妊娠中のホルモンバランスの乱れはどうすることもできないので、できてしまったニキビをしっかりとケアすること、そして肌のバリア機能を高めて、少しでもニキビができにくい状態に導くことが大切です。


妊娠中のニキビケア化粧品選びのポイント!

まずはニキビの炎症を抑えることが先決です。そこで、ニキビの炎症を抑える成分が配合されているものを選びます。おすすめは天然の植物エキス配合のものです。できる限り赤ちゃんへの影響を少なくするためにも天然成分が良いですね。また、バリア機能を高めるためにビタミンCを高濃度で配合されたものを選びましょう。ビタミンCはコラーゲンを生みだし肌のバリア機能を高めるのに効果的な成分です。


ニキビの炎症を抑える天然植物エキスとバリア機能を高めるビタミンCが配合された化粧品を選ぶのがポイント!

妊娠中のニキビにおすすめのケア化粧品はこれ!

妊娠中のニキビには「ビーグレン」がおすすめ!

 天然ハーブエキスで炎症を抑える
⇒ カミツレエキスなどの天然ハーブエキスが配合されているので、ニキビの炎症を抑えることができます。
 高濃度ビタミンCがバリア機能を高める
⇒ 7.5%という高の度で配合されたビタミンCがコラーゲンを産生し、肌のバリア機能を高めてニキビをできにくくします。
 浸透テクノロジー採用で効果を高める
⇒ 世界特許所得の最高峰浸透テクノロジーを採用した唯一の化粧品なので、他の化粧品でダメだった方にもおすすめです。

妊娠中は使用する化粧品にも気を使う必要がありますが、ビーグレンは天然植物エキスとビタミンCでニキビをケアするので、赤ちゃんへの影響を心配することなく安心して使うことができます。


《天然ハーブとビタミンCで繰り返す妊娠中のニキビを徹底ケア!》