トップページ >  ニキビケア化粧品 年代別 >  更年期ニキビ(40代・50代)

更年期ニキビのニキビケア化粧品選びのポイントは?

どうして更年期ニキビができるの?

更年期になると卵巣機能の低下によってホルモンバランスが乱れるので、皮脂量が多くなりニキビができやすくなります。ただし、全ての女性にニキビができるというわけではなく、ニキビができやすい方もいればニキビができない方もいます。

更年期はとてもニキビができやすい時期ではありますが、誰でもできるわけではなく、ある状態に陥っている方にできやすい傾向があるんです。その「ある状態に陥っている方」とは・・・。


肌のバリア機能が弱くなっていませんか?

更年期に減少する女性ホルモン「エストロゲン」は肌に水分を溜め込むはたらきやコラーゲンの産生を活発化させるはたらきがあります。つまり、更年期になると肌が乾燥しやすくてコラーゲンが不足しやすい状態に陥ります。。そうなってくると、どうしても肌のバリア機能が低下してしまい、ちょっとしたことでニキビができやすくなります。

《更年期ニキビは肌のバリア機能が低下している方にできやすい》

更年期ニキビは肌のバリア機能を高めることが大切!

肌のバリア機能を高めるスキンケアを!

肌のバリア機能を高めるためにはバリア機能を弱めない洗顔・十分な保湿ケア・コラーゲン不足の解消といった3つのことを意識しながらスキンケアをすることが大事です!

バリア機能を高めるならビーグレンがおすすめ

 バリア機能を弱めない洗顔
⇒ 界面活性剤を一切使わず天然のクレイで汚れを落とすから肌に負担をかけず、バリア機能を弱めません!
 潤沢な保湿ケア
⇒ 6種類の天然由来の植物成分をたっぷりと配合した化粧水でしっかりと保湿。とろみのあるテクスチャーが高濃度の証!
 コラーゲンの産生を大幅に促進
⇒ コラーゲンの産生を高めるビタミンCを7.5%という高濃度で配合。しかも、世界特許の浸透テクノロジーでしっかりと浸透!

《更年期で弱まったバリア機能を高め、ニキビのできにくい肌へ!》